• 201709 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

こころ温まる話 その1

このお話は友人から聞いたお話なのですが、とても心に響いた
お話だったので、ご紹介します。スペインの民話だそうです。


いつもよく働く靴屋のもとへ、あるとき、乞食の姿になって、
天使が現われました。

靴屋は乞食の姿を見ると、うんざりしたように言いました。

「おまえが何をしにきたかわかるさ。 
しかしね、私は朝から晩まで働いているのに、 
家族を養っていく金にも困っている身分だ。 ワシは何も持ってないよ。 
ワシの持っているものは二束三文のガラクタばかりだ」

そして、嘆くように、こうつぶやくのでした。

「みんなそうだ、こんなワシに何かをくれ、くれと言う。
 そして、いままで、ワシに何かをくれた人など、いやしない・・」

乞食は、その言葉を聞くと答えました。

「じゃあ、わたしがあなたに何かをあげましょう。
 お金にこまっているのならお金をあげましょうか。
 いくらほしいのですか。言ってください」

靴屋は、面白いジョークだと思い、笑って答えました。

「ああ、そうだね。じゃ、100万円くれるかい」

「そうですか、では、100万円差し上げましょう。
 ただし、条件が1つあります。100万円の代わりに
 あなたの足をわたしにください」

「何!? 冗談じゃない!の足がなければ、立つことも
 歩くこともできやしないんだ。
 やなこった、たった100万円で足を売れるもんか」

「わかりました。では、1000万円あげます。
 ただし、条件が1つあります 1000万円の代わりに、
 あなたの腕をわたしにください」

「1000万円・・・!? この右腕がなければ、仕事も
 できなくなるし、可愛い子どもたちの頭もなでてやれなくなる。
 つまらんことを言うな。1000万円で、この腕売れるか!」

「そうですか、じゃあ、1億円あげましょう。
 その代わり、あなたの目をください

「1億円・・・!? この目がなければ、この世界の素晴らしい景色も、
 女房や子どもたちの顔も 見ることができなくなる
。 
 駄目だ、駄目だ、1億円でこの目が売れるか!」

すると、乞食は言いました。

そうですか。あなたはさっき、何も持っていないと言っていました
 けれども、本当は、お金には代えられない価値あるものをいくつも持っているんですね。しかも、それらは全部もらったものでしょう・・・


靴屋は何も答えることができず、しばらく目を閉じ、考えこみました。

そして、深くうなずくと、心にあたたかな風が吹いたように感じました。
乞食の姿は、どこにもありませんでした。

というお話です。
生活がどん底になったり、心がすさんだときに読み返すといいかもしれませんよね。

それにしても、たまたま偶然なのかもしれませんが、このお話の中で
目をもらいたいというくだりで、金額が1億円に跳ね上がっています。
体の部分のどこも大切なのはもちろんですが、目はその中でも重要なのだという
感覚は万国共通なのかもしれません・・・。
(視力上三)
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

視力上三先生初めましてv-22リンクしていただいてますココロですv-237本当に『こころ温まる話』でした。何度も読み返してしまいますねv-352自分が今どれほど幸せかよく考えたいと思いました。また素敵なお話読みにきますねv-392
  • 2007-04-27│00:00 |
  • ココロ URL
  • [edit]
ココロさん、コメントありがとうございます。
私は1週間に1回のペースでこのブログを行っていますが、ココロさんは毎日なんですよね・・・。
関心・尊敬しますし、内容も感動させて頂いています。
また、遊びにきてください。
  • 2007-04-27│14:40 |
  • 視力上三 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

店長 小林智永

Author:店長 小林智永
ようこそ!視力回復の世界へ

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。